ピルを飲み始めようとしている女性の画像

自分の周りで最近ピルを飲んでいる人が増えてきて、自分も飲んでみよう!初めてみよう!と思ったは良いもののちょっと調べたら色々と出てきてしまったので、自分の中での整理と同じ悩みを持っている方もいるかもということでサイトにまとめておきます。

記事一覧

ピルと避妊リングの相場について

ピルも避妊リングも高い避妊の効果を期待することが出来ますが、それぞれの相場はいくらなのでしょうか。
ピルは病院によって本体価格が異なりますが、2,000~3,000円が相場とされています。これに診察代が処方される度に加算され、初診の場合は検査や初診代が更に加算され10,000円を超す場合があるので、初めてピルを病院で処方してもらう場合は事前に電話で確認をしておくと良いです。またピルはインターネットを利用して薬の通信販売から処方せんなし購入することが出来、1箱1,500円前後で購入することが出来ますが、複数箱をまとめて購入することで1箱あたりの価格を1,000円以下にすることも出来ます。ピルを使い慣れているのであれば通信販売を利用することはコストパフォーマンスに優れた買い方といえるかもしれません。しかし初めてピルを使用する場合は病院で処方してもらい、使用に問題がない状態になるまでは通信販売を利用することは止めましょう。
避妊リングはピルと異なり通信販売を利用することは出来ず、病院でのみの装着や除去になります。価格は病院によって異なり30,000~40,000円で、除去する際は10,000~20,000円程度がかかるとされています。避妊リングは自費診療なので1回にかかる料金は高額であると言えますが、1回の装着で数年間の効果を持続できるので性交渉の度に避妊をしたり毎日服用することはないことを思えば、割高とはいえないかもしれません。
ピルも避妊リングも価格は病院によって異なるので、相場価格が必ずしも合っているとは限りません。そのため病院に行く前に複数の病院に電話で確認することで支払いをスムーズにし、その中から安い病院を選ぶことも1つの方法です。

続きを読む

ピルとコンディショニング法と免疫について

日本では、近年、女性アスリートの活躍が目立っています。
しかし、女性には月経周期があり、月経周期によって心身が様々に変化します。
そのことが、女性アスリートのコンディションの維持を難しくしている要因となっています。
文部科学省では、女性アスリートの育成と支援を行っており、月経周期を考慮したコンディショニング法のシンポジウムなども行われていました。
月経周期は、月経開始から次の月経の前日までの日数で、正常な月経周期は25日から38日となっています。
月経周期は、ホルモンの相互作用によりコントロールされています。
自分の月経周期が正常であるか、日頃からチェックしておくことは、健康を維持するためにも非常に大切です。
健康を保つためには、毎日の食事も重要です。
良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなど、体に必要な栄養を十分に取り、免疫力が落ちないようにしておくことが大事です。
食事から摂取できない栄養は、サプリメントを利用して摂取することができます。
女性の場合、ホルモンバランスが乱れると、心身に様々な不調が出てきます。
低用量ピルは、避妊にも使われますが、ホルモンバランスを整える働きもあります。
そのため、ニキビの改善効果も期待できます。
さらに、子宮内膜症の予防もでき、卵巣がんのリスクも減らすことができます。
日本では、アメリカやイギリス、ドイツなど他の先進国に比べると、低用量ピルの認可が遅かったため、最近やっと普及してきた状況です。
現在の低用量ピルは、副作用が少ないので、世界中の多くの女性が利用しています。
妊娠したくなったら、服用を中止すれば排卵が再開して妊娠が可能な状態になります。
低用量ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜の増殖を抑えるので、生理痛の痛みを和らげます。

続きを読む

ピルとゲスターゲンと生理周期について

日本には様々な避妊方法があります。
避妊の方法で最も知られているのはコンドームですが、最近ではピルも注目を集めています。
ピルは、エストロゲンとゲスターゲンの合剤です。
昔のピルは、強い副作用が出ることがあり敬遠されることが多かったのですが、現在のピルは低用量なので、副作用が少なくなっています。
低用量ピルは、避妊効果が高いだけでなく、女性に嬉しい様々なメリットがあるため、世界中の多くの女性が使っています。
低用量ピルを服用することで、生理痛や月経前症候群の不快な症状が軽くなります。
生理中の痛みは、子宮内膜の中のプロスタグランジンが原因で起こります。
プロスタグランジンは、子宮の収縮を促しますが、痛みも同時に引き起こすのです。
また、ニキビにも効果があり、子宮内膜症の予防もできます。
さらに、生理周期を整えるため、旅行などのスケジュールを立てやすくなります。
さらに、子宮体ガンや卵巣ガンのリスクも減ります。
先進国では、低用量ピルの服用率が高く、ドイツでは6割以上の女性が服用しています。
服用してからホルモンが安定するまでは、倦怠感や吐き気、頭痛などの副作用が出ることがあります。
しかし、1週間から2週間程度で症状が出なくなることが多いです。
低用量ピルには、21錠のものと28錠のものがあります。
21錠タイプは、すべてにホルモンが含まれていますが、28錠タイプは、21錠のホルモン剤に加えて偽薬が7錠入っています。
偽薬は、飲み忘れを防ぐためのものなので、薬剤は含まれていません。
1日1錠を好きな時間に服用することができます。
ただ、飲み忘れを防ぐために、毎日時間を決めて服用している人が多いです。
妊娠を希望する場合は、服用を中止すれば、すぐに妊娠が可能となります。

続きを読む

ピルとノルレボとプラセンタについて

最近は、日本でもピルを使う女性が増えています。
特に低用量ピルは、避妊効果だけでなく、生理痛や生理不順、月経前症候群、ニキビ、更年期症状にも効果を発揮するため、人気が高いです。
低用量ピルは、ほぼ100%の避妊効果があります。
また、出血量が減って子宮収縮が抑えられるので、月経痛が軽くなる人が多いです。
生理周期が規則正しく整うので、生理不順も改善されます。
生理の予定が立つため、旅行の時も調整することができます。
ピルを服用すると、排卵前後のホルモンの変動がなくなるので、月経前症候群の症状を緩和することが可能です。
生理前にニキビができる女性は多いのですが、ピルは男性ホルモンの働きを抑えるので、ニキビを減らす効果も期待できます。
また、更年期の様々な症状を予防する効果もあります。
美肌成分として有名なプラセンタにも、更年期の症状を緩和する働きがあります。
プラセンタは、昔から若返りの薬として使われてきた胎盤から抽出されたエキスです。
中国では、不老長寿の薬として活用されていました。
日本でも、江戸時代にはすでに民間薬として使われています。
美肌作りにも健康にも役立つプラセンタは、年齢を問わず多くの女性に愛用されています。
緊急避妊薬として有名なのが、ノルレボです。
緊急避妊法は、コンドームが破れてしまった時などに役立ちます。
排卵と受精卵の着床を両方抑制するため、受精後でも効果があるのです。
ノルレボは、日本初の緊急避妊薬で、世界保健機構の必須薬にも指定されています。
緊急避妊薬は、薬をもらったらすぐに服用する必要があります。
処方には、医師の診察が必要となります。
ノルレボは、保険の適用がないため、自費負担となります。

続きを読む

ピルを飲みながらたばこを吸うデメリットとは

確実に避妊はしたいからピルを飲んでいるけれどたばこがやめられないという場合のデメリットとしてあげられるのは、血栓ができやすくなってしまうことです。
血栓症とは血の塊が出来てしまい、血管をふさいでしまうことです。心臓や脳、肺などの細い血管をふさいでしまうと命の危険もあるものです。たばこは血液中のビタミンを破壊してしまい、血液をどろどろにしてしまうと言われています。さらにピルは配合されている女性ホルモンの影響によって血液が固まりやすくします。ピルはホルモンの状態を妊娠している時と同じようにしてしまうことで排卵を抑制して妊娠を防ぐものです。妊娠中は出産時などに血液を失ってしまうことがないように、血液が固まりやすくなっています。ピルを飲んでいると血液が固まりやすくなっているところにさらに血液をどろどろにしてしまうたばこを吸うことでピルだけを飲んでいる人よりも血栓ができるリスクが高くなってしまっているのです。特に35歳以上で1日に煙草を15本以上吸いながらピルを飲んでいる人は循環器系の症状で死亡する率が高くなっているというデータもあるため、ピルを飲んではいけないと言われています。避妊のためにピルを飲むのならば、禁煙を行うかできなければ1日に吸うたばこの本数を減らす必要があります。
血栓症の予防のためには、水分の摂取と適度な運動を心がける事です。水分を摂取すれば自然と血液中の水分量が増えますし、運動を行えば血行が良くなることと喉が渇いて自然と水分の摂取量が多くなるので血液がどろどろではなくなります。他にも血液をさらさらにするサプリメントを併用するという方法もありますが、まずは医師に相談してみましょう。

続きを読む

月経不順の高校生はピルを飲んでも大丈夫?

ピルは避妊の薬としての認知度が高いので、高校生が飲むとなったら大反対する人もいるでしょう。しかし、用途は避妊だけではないのです。
ピルには合成された女性ホルモンが配合されていて、毎日飲むことで体内の女性ホルモンのバランスをコントロールする役割があります。その作用で排卵をストップさせて避妊ができるのですが、他にも多くの女性特有の病気や症状の治療と改善のためにも使われているのです。高校生など思春期の女性はまだホルモンのバランスが安定していなかったり、精神的なストレスなどでホルモンの分泌量が崩れてしまいがちです。生理不順は放置しておくと不妊の原因になってしまったり生理の日程がわからなくてスポーツをしている人は困ってしまうことがあります。そんな時にピルを利用することで生理周期を安定させることができるようになります。
ピルは21日間の女性ホルモンが配合された実薬と、7日間の女性ホルモンの配合されていない偽薬を飲みます。この合計28日間の周期で女性ホルモンのバランスを変化させていくのですが、自然の状態で生理が起こる時には女性ホルモンの分泌量が大きく減少します。偽薬を飲むことでそれまで体内に一定濃度であった女性ホルモンが減少するので身体が「生理のタイミングだ」と認識して生理が起こります。このサイクルを繰り返していくので一定周期で生理がきちんと訪れるようになるのです。しばらくピルの服用を続けるとピルを飲まなくても生理周期が安定するようになります。また、体内のホルモンバランスをコントロールすることで月経量が多すぎる人、PMSや生理痛が酷い場合の症状改善効果も期待できます。病院に相談すれば、初潮があれば高校生であっても問題なく処方してもらえるでしょう。

続きを読む

ピルを服用し始めてからの注意事項

近頃は男女の付き合いも気軽になっているので、少し長くなってくると普通に肉体関係を持つようになってきます。それは愛情を確認する手段としてもよいものではあるのですが、それによって子供ができてしまうこともあります。誰もが妊娠をしてうれしい気持ちになるとは限りません。それほど将来を考えている段階ではないカップルでは、どうすればいいのかと悩むことになってしまう場合もあることでしょう。時期や関係性にもよる部分もあるのです。
妊娠をして困ったりしないように避妊をする必要があります。一般的にはコンドームを男性が着用するという方法がメジャーなのですが、最近は女性が自分で飲むことで妊娠をしないような体にしていくというピルの服用というのが浸透してきました。ピルはホルモン剤が入った錠剤なので、ホルモンバランスを整えてくれる働きをします。ですから、生理不順などにも効果的な避妊薬なのです。
日ごろから妊娠をしないようにするために飲むのが低用量ピルですが、これは毎日服用する必要があります。排卵を抑制する働きがあるので、飲むことによって卵子と精子が受精することがなくなるのです。ただ、飲み忘れがあると、効果がなくなるので注意が必要です。習慣づけをして、毎日同じ時間帯に飲むように心がけたいものです。
ピルを服用する中での注意事項としては、同じ時間で飲むことができればいいのですが、飲むのを忘れたりした場合には、できるだけ早い時間に飲むようにしたほうがいいでしょう。48時間以上間が空いてしまう場合にはほかの方法に切り替える必要があるので、気づいた時点で飲むようにしていくといいでしょう。
正しい服用では100%に近い状態で避妊できるといわれるのです。

続きを読む

自分の身体に適したピルの種類を調べる

ピルと一言で言っても、多くの種類が販売されています。体内で女性ホルモンと同じ働きをする物質が配合されているのですが、その種類や配合されている量が違うと効果が違ってきます。他の薬でもそうであるように自分の身体に適したものならば大きな効果が期待できます。「値段が安いから」「友達が良いと言っていたから」という選び方ではなく、自分の身体に適したものを飲むことが重要です。
ピルには「世代」と「相性」があります。古いものから第一世代、第二世代、第三世代、第四世代となっていて、それぞれの特徴は第一世代は子宮内膜の増殖を抑える力が強いので、経血量が多い人や生理痛の酷い人にも向いています。第二世代は日本で一番普及しているタイプのものです。子宮内膜が安定しやすいので不正出血が起こりにくく、休薬期間中にきちんと整理がきやすいという特徴があります。第三世代は第一世代、第二世代の皮脂の分泌量が多くなる、体毛が濃くなるという男性化作用が起こりにくくなっています。そのためニキビや肌荒れの改善効果も期待でき、約3か月ほどで効果が現れてきます。第四世代はピルを飲むことによるホルモンのバランスでニキビができやすくなったり太りやすくなってしまう人に最適だと言われており、第三世代までのピルが身体に合わなかったという人に処方されています。「相性」はピルの中のホルモンの量が変化がないのが「一相性」、前半と後半で2段階になっているのが「二相性」、3段階に分かれている「三相性」と言われています。
「世代」と「相性」によってその人の希望する効果やその現れ方が違ってきます。まずは医師に自分の希望を相談して、適したピルを処方してもらいましょう。

続きを読む